Submission Rules (Guidelines)

投稿規定(規格)

  • 投稿資格:日本語学(日本語教育を含む)、日本文学、日本文化研究に携わる方であればどなたでも投稿できます。一回の投稿は1人につき一本までとし、複数投稿はできません。
  • 内容:日本語学(日本語教育を含む)、日本文学、日本文化に関する未発表の論文。使用言語は日本語のみとします。修士、博士課程の加筆論文は受け付けません。
  • 様式、部数および審査料:
    ■A4サイズのWord原稿を横書きでご提出ください。
    ■審査料は2000元で、現金を郵便書留でお支払いください。
      • 原稿(署名入り原稿を一部、署名なしの原稿を三部、電子ファイルをEmailにて送付)。以下の項目を順に、すべて30字×30行×30ページ以内(英語、中国語、日本語の要旨を含む)のレイアウトでご提出ください。
        • ●論文タイトル、作者氏名、所属機関、キーワード(最大5個)を含んだ要旨(中国語、英語、日本語)
        • ○本文(図表を含む)、○注釈(ページ注釈付き)、○参考文献(論文内で引用した先行研究を記載してください。引用した先行研究は全て所定のフォーマットで論文末尾に記載してください)、資料
      • ※ 無記名の原稿には、氏名や所属機関等の作者本人に関する情報の記載はお控えください。謝辞等は審査段階では本文には記載しないようお願いいたします。
      • ※ 電子ファイルはEmailにてntujpstudies@gmail.comまで、件名を「台大日本語文研究第○○期投稿」とした上、ご提出ください。
    • 添付(1部)
      論文タイトル、作者氏名、所属機関、職位、連絡先(住所、電話番号、FAX、メールアドレス)を明記してください。共同執筆である場合は、代表者の連絡先を明記してください。論文中の著作権に関しては、本誌では一切責任を負いかねますので、事前に原著作者または出版社の了承を得てください。
    • 著作権同意書(中国語、英語を各1部ずつ)はこちら 本系出版刊物網頁 
  • 送付先:106台北市羅斯福路四段一番 台湾大学日本語学科オフィス(投稿原稿は掲載の有無にかかわらず返却は致しかねますので、各自でコピーを保存してください。)
  • 審査:編集委員会は原則、学科および学外の専門家で構成され、全ての原稿はまず編集委員会で審査されたのち、関連分野の専門家に2名に送られ、審査・承諾されます。審査結果:1.掲載 2.修正掲載 3.非掲載 の3つとなります。
  • 本誌は年に2回、毎年6月30日と12月31日に発行されます。締切日(毎年3月31日と9月30日)の後、編集員会によって審査が行われ、該当号に掲載されなかった原稿は次号掲載されます。
  • 投稿者には本誌署名本20冊と本誌3冊を送付し、別途報酬はございません。
  • 本誌に掲載された論文は、本学科の許可なく他誌に転載することはできません。
  • 本誌は台湾大学出版センターが発行する学術ジャーナルであり、紙媒体での印刷の他、国立台湾大学出版センターが開設する国立台湾大学学術ジャーナルデータベースに収録され、電子出版されます。