Second Foreign Language

第二外国語

112-1学期他学部選択必修日本語コース時間割
日本語クラスの履修条件
  • 日本語Ⅱを履修するためには、日本語Ⅰ・Ⅱ(日本語上・下を含む)の合計6単位を取得している必要があります。
  • 日本語Ⅲを履修するためには、日本語Ⅱ上・下の合計6単位を取得している必要があります。
  • 日本語Ⅱ下を履修するためには、日本語Ⅱ上の単位の取得が必須です。
  • 日本語Ⅲ下を履修するためには、日本語Ⅲ上の単位の取得が必須です。
  • 『日本語能力試験』N5および『第二外国語能力試験(基礎)』A1の取得者は日本語Ⅰの6単位が免除されます(つまり、日本語Ⅱに飛び級できます)。
  • 『日本語能力試験』N4の取得者は、日本語Ⅱの6単位が免除されます(つまり、日本語Ⅲに飛び級できます)。
  • 飛び級を希望する学生は、授業開始の第1週目に自主的に能力証明を教員に提示してください。
  • 高校生時にすでに第二外国語コースを終了している者は、台湾大学学科外日本語コース(日本語上下、日本語Ⅰ、日本語Ⅱ、日本語Ⅲ)を履修することはできません。
追加履修コードは本人がサインし、必ず交換せず本人が使用してください。
日本語Ⅰ上のコース内容は日本語上と同じで、日本語Ⅰ下は日本語下と同じです。ただし、同一科目として卒業単位に換算するかどうかは各学科の判断に委ねられます。
外国語ティーチングアシスタント(TA)
本学科は96年度よりティーチングアシスタント(TA)を設置しており、教員の授業資料作成の補助のほかに、学生の発話や会話の練習、文法上の誤りの訂正や宿題やテストの採点作業なども行い、授業の質と効率を高めるだけでなく、教員の指導方法を充実させ、TAを担当する学生に教育参画を促すことで、相互学習の効果を実現しています。日本語コースのTAは主に、日本語学科の大学院生や大学部の上級生が担当しています。